スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約半世紀ぶり潮干狩り、川崎臨海部29日解禁(読売新聞)

 高度経済成長期に京浜工業地帯の発展で、砂浜がすべて埋め立てられて以来、約半世紀ぶりに、川崎市臨海部の潮干狩りが29日、復活する。

 川崎・東扇島東公園に2008年に完成した人工海浜「かわさきの浜」(長さ約180メートル)で自然繁殖したアサリが2センチ超に成長、同市港湾局が潮干狩りを解禁するためだ。

 川崎沖は、1950年代まで、東京湾では、潮干狩りの名所の一つで、当時を知る市民からは、「豊かな浜が戻ってくるのは感慨深い」との声が上がっている。

 潮干狩りは入場無料。同市港湾局は、乱獲を防ぐため、〈1〉殻の長さが2センチ以下の貝は持ち帰らない〈2〉幅15センチを超える熊手は使わない〈3〉持ち帰りは1人2キロまで――というルールの徹底を呼びかけている。

 同公園には有料駐車場が230台分あり、3時間未満200円で利用できる。また、JR川崎駅東口から同市バス「東扇島循環」があり、バス停「東扇島東公園前」が最寄り。

 かわさきの浜は、同市臨海部の埋め立て地で、国などが首都圏の大災害に備えた救援物資物流拠点として整備した東扇島地区の東端。地元住民たちのNPO法人「川崎の海の歴史保存会」(渡辺光一理事長)など、同市民の強い要望で、東扇島東公園の一角に設けられた。

 同会によると、オープン後間もなく、アサリの稚貝が多数見つかり、次第に成長。個体数も増加した。

 小学生時代に潮干狩りを楽しんだという同会事務局長の無職老川美芳さん(77)は「夏の休日は潮干狩りで、砂浜がいっぱいだった」と振り返る。

 戦前から趣味のカメラで、砂浜の風景を撮っていた同会相談役の無職倉形泰造さん(89)も「毎日、自転車で出かけ、アサリやハマグリでバケツいっぱいにした」と笑う。そうした海の幸豊かな砂浜も、埋め立てが戦後、本格化し、最後まで残っていた扇島の砂浜も1960年頃消滅した。それだけに、倉形さんは「再び潮干狩りができるようになるとは……。また写真を撮りに行きたい」と、感慨深そうに語った。

民需拡大のため「宇宙庁」を=前原担当相に有識者ら提言(時事通信)
<改正貸金業法>政府 6月18日の完全施行を決定(毎日新聞)
新漢字「変換文化」意識…読めればOK、難字も(読売新聞)
UR賃貸事業、高齢者住宅は自治体か国に移行へ―事業仕分け第2弾(医療介護CBニュース)
【高速道路新料金】前原君の行動や発言には関心も興味もない(レスポンス)
スポンサーサイト

豪雨で行方不明、ランドセル8か月ぶり発見(読売新聞)

 兵庫県佐用町の昨年8月の豪雨災害で行方不明となっている町立幕山小5年小林文太君(10)が、避難時に持ち出した紺のランドセルが18日、約8か月ぶりに見つかった。

 発見場所は文太君が流された幕山川から南へ約12キロ離れた同県上郡町の千種川河川敷。ランドセルを受け取った祖父武さん(68)は「目の前にあると、文太を抱き締めているような気持ちになる。きっと近くで待っているはず」と声を詰まらせた。

 文太君の捜索は、武さんや佐用署員らが今も断続的に行っている。この日、武さんは参加しなかったが、署員や千種川漁協のメンバーら約45人が幕山川下流の千種川に行き、竹やぶに堆積(たいせき)した木の枝を掘り起こすと、光に反射する金具に気づいたという。泥はほとんど付いていなかった。

 文太君は豪雨で避難する際、自分と、助かった中学1年の兄(13)の二つのランドセルを前後に抱えていた。見つかったのは、兄のもので名前や住所、血液型のペン書きが残っていた。

 昨年10月には、佐用町上月の河川敷でも兄の下敷きが見つかっている。武さんは「今回、ランドセルを見つけてくれたことに感謝したい。新たな手がかりが見つかったことで、文太を捜す気力を持ち続けることができる」と語った。

仕分け前に偵察 蓮舫参院議員ら「YS-11」を見学(産経新聞)
東京、近畿の水俣病訴訟も和解へ(時事通信)
「大阪都で日本牽引」 橋下新党「維新の会」発足(産経新聞)
死因は窒息死と判明=手か柔らかい布で首絞める-78歳女性強盗殺人・山口県警(時事通信)
27日から「特別展 龍馬伝」江戸東京博物館(産経新聞)

「日程管理が不十分」原因=3閣僚の予算委遅刻-政府答弁書(時事通信)

 政府は20日午前の閣議で、3月3日の参院予算委員会に原口一博総務、前原誠司国土交通、仙谷由人国家戦略担当の3閣僚が遅刻した原因は「事務的な日程管理が不十分であったため」などとする答弁書を決定した。答弁書はその上で「今回のような事案はあってはならない」とした。自民党の馳浩衆院議員の質問主意書に答えた。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

<仙谷担当相>官僚が「事務系副大臣」 事務次官代替で検討(毎日新聞)
宇宙で誕生日 野口さんガッツポーズ (産経新聞)
「男性に振られて誰でもいいから傷つけたかった…」 通行人切りつけた女性を逮捕(産経新聞)
<派遣法改正案>見直し求め労働者らが座り込み(毎日新聞)
殺人時効5月にも撤廃 法案参院可決、月内成立へ(産経新聞)

貧困ビジネス封じ込め、大阪市が申請者囲い込み(読売新聞)

 大阪市は13日、生活保護費をピンハネする〈貧困ビジネス〉の封じ込め策として、保護申請から決定までの1~2週間、申請者を市内13か所の保護施設に住まわせ、市が直接、食事の提供や住宅探しの支援を行うことを明らかにした。

 政令市では初めての試みで、悪質な業者の介在を阻む狙いだ。14日から実施する。

 この日、市の生活保護行政特別調査プロジェクトチームが公表した貧困ビジネス調査の結果を受けた措置。

 調査結果によると、敷金・礼金なしの「ゼロゼロ物件」に生活保護受給者を住まわせた業者が保護申請時に高額の敷金などを市に請求していたケースが2~3月に13件あった。不正請求額は試算で最大総額382万円に上るが、市は支給しなかった。対抗策として、市は今月から敷金の支給上限額を家賃7か月分から4か月分に引き下げた。

 生活保護法では、受給者が入る住居の敷金や家賃などは住宅扶助として公金が支給される。調査結果では、複数の業者が借り上げアパートにホームレスらを住まわせ、ゼロゼロ物件なのに、最大で1人あたり支給上限額の29万4000円の敷金を市に請求していた。

 2月現在で、同市の生活保護受給者は10万7506世帯、13万9242人。人口1000人あたりの受給者数を示す保護率は全国平均14・2人に対し、52・3人に上っている。

<皇后さま>小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)
密約文書欠落で調査委設置=廃棄の有無解明へ-岡田外相(時事通信)
<日本医師会館>火災、実は職員の不注意(毎日新聞)
<山崎直子飛行士>巨大コンテナ取り付け終了 定評通り順調(毎日新聞)
<北九州社長殺害>解雇通告で逆上か 「雑用ばかりで不満」(毎日新聞)

連携全く考えず=与謝野氏ら「新党」で-菅副総理(時事通信)

 【北京時事】菅直人副総理兼財務相は3日、北京で記者団の取材に応じ、自民党の与謝野馨元財務相らが検討している新党との連携の可能性について「全く考えていない」と否定した。
 与謝野氏らが、新党結成の意向を表明した無所属の平沼赳夫元経済産業相との連携も視野に準備を進めていることに関して、菅氏は「与謝野氏の考え方は部分的にはわれわれ(民主党)に近いところもあるかもしれないが、どういう性格のもの(新党)をつくろうとしているのか全く見えない」と指摘した。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

“聖域”隠れみのの構図 文科省天下り先丸抱え(産経新聞)
京都大 「自由をはき違えないで」 入学式で学長がクギ(毎日新聞)
防犯カメラ設置で痴漢被害半減…JR埼京線(読売新聞)
【ワイドショー通信簿】ベッカムの諸行無常 けがと家族と引退説
警官が覚せい剤飲ませる?同席女性から陽性反応(読売新聞)

<児童買春>JAXA副室長を懲戒免職 少女にわいせつ行為(毎日新聞)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は31日、児童買春をしたとして、研究開発本部の副室長(59)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 JAXAなどによると、副室長は昨年7月と10月、東京都内のホテルなどで18歳未満の少女に金を渡してわいせつな行為をしたとして、警視庁に今年2月、児童買春容疑で逮捕され、同罪で起訴された。副室長は、警視庁が同月、JAXA筑波宇宙センターの家宅捜索を行う直前まで同センターで勤務し、態度もまじめだったという。【奥野敦史】

【関連ニュース】
わいせつ行為:国交省係長を逮捕 兵庫県警
強姦:時効寸前、男を起訴 水戸地検
痴漢容疑:電車内で 警視庁警部補を逮捕 千葉・容疑否認
痴漢容疑:警視庁職員を逮捕 千葉・北総鉄道で女性触る
強制わいせつ:追起訴の警部懲戒免職 福岡県警

ロック誌高齢化の波 心は熱く目には優しく活字大きく(産経新聞)
<自民>新党結成の動き本格化 分裂に現実味(毎日新聞)
<死体遺棄容疑>自宅プランターに乳児遺体 母親「埋めた」(毎日新聞)
宅八郎氏を起訴猶予=男性への脅迫事件-神戸区検(時事通信)
空き巣のベランダから隣へ 新手の空き巣横行 昨年から大阪市内で20件(産経新聞)

河村市長「議員全員が辞職して信を問うべき」(読売新聞)

 提案した減税条例案や新年度予算案、議会改革案がいずれも修正、否決されたことについて、名古屋市の河村たかし市長は24日、記者団に感想を語った。

 ――市長提案がことごとく修正、否決されたが。

 「市民をなめている。本来ならば、議会は不信任を出さなければいけない。減税の実施は日本中に発信されているので、国民に対する決定的な裏切りだ」

 ――議会側への対応は。

 「本来なら議員全員が辞職して信を問うべきで、議会の暴走だ。市民不在もここまで来たかという感じだ。議員の『家業化』をやめさせなければいけないが、私には解散権がないので、最後は市民の手に委ねられる」

 ――リコールに期待するということか。

 「地方自治法の76条で議会の解散請求が出来る制度がある。36万5000人の市民の出直せという署名を集めれば、住民投票になって、過半数が賛成すれば議会解散となる。その時には自分も辞職して信を問う」

 ――新たに「ネットワーク河村市長」という団体も発足した。

 「ありがたい話で、これから盛り上がっていくのではないか」

<舛添氏>執行部を批判「国会対策あまりに稚拙」(毎日新聞)
菅家さん無罪確定 冤罪の構造、暴けぬまま(産経新聞)
医師国家試験に7538人合格=合格率89.2%-厚労省(時事通信)
免状不実記載の疑い 埼玉県警が革マル派活動家を逮捕(産経新聞)
大学院の助産教育などでヒアリング―文科省検討会(医療介護CBニュース)
プロフィール

まつかわかずひろ

Author:まつかわかずひろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。