スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<名古屋市議会>河村市長、恒久減税3度目の提案(毎日新聞)

 名古屋市議会6月定例会が14日、開会した。河村たかし市長は、議員報酬の半減や市民税減税恒久化条例、地域委員会のモデル事業実施費用を含む一般会計補正予算案など19議案を提出した。議員報酬半減と恒久減税は3度目の提案だが、4月臨時会で否決されたばかりで、今回も可決されない見通しだ。

 河村市長は提案理由説明で、減税と地域委員会、議会改革の3点は昨年4月の市長選で訴えた重要政策であり、民意であると強調。「市民に誓った約束を守ることが許されないならば、直ちに(市長の)不信任案を可決していただきたい。もしくは自ら議会を解散し民意を問うべきだ」と議会を挑発。「さもなくば、残されたただ一つの道は市民による議会の解散請求」とたたみかけ、議会との対立姿勢を鮮明にした。

 一方、議会側は17日間の会期内に議員報酬改定の対案を提出する方針を示している。

 また、主要4会派は、「市公開事業審査の実施に関する条例」や、予算編成過程中に議員が要求できる資料の範囲を定めた「議会審議活性化促進条例」など5議案の提出を予定。市長の予算提案権にかかわる条例案が多く、議論が注目される。【高橋恵子】

【関連ニュース】
名古屋市議会:主要4会派 予算編成の透明化求め条例案
名古屋市議会:市長のPR力に対抗? パネルお目見え
名古屋市長:恒久減税案を提出 6月定例会で審議
大治町長選:減税派当選で河村・名古屋市長、合併に前向き
名古屋市議会:河村市長に対抗心、TVの広報番組を要求

<口蹄疫>宮崎の甲子園予選に波及 無観客や開会式なし検討(毎日新聞)
村井・長野県知事の心変わりでリニア新幹線Bルートの夢潰える?(産経新聞)
南アW杯 東京の料理店に南ア30人集結(毎日新聞)
日本、カメルーン下す=海外W杯で初勝利―本田が決勝ゴール(時事通信)
<蓮舫・行政刷新相>鍛えた直言 田原総一朗さんも太鼓判(毎日新聞)
スポンサーサイト

<青森・弘前市>「りんご課」を新設 「宝物」に磨きかける(毎日新聞)

 リンゴ生産量日本一の青森県弘前市は7月から「りんご課」を新設する。現在、水稲や野菜、畜産なども担当する「りんご農産課」から、生産、加工、流通、販売などリンゴに特化した部門を独立させる。

 これまでは生産指導とPRを主な業務としてきたが、リンゴは市農業産出額の8割を占める宝物だけに、さらに磨きをかけようと、4月に初当選した葛西憲之市長がりんご課設置を公約に掲げていた。

 職員11人態勢で、今後は新加工品開発や輸出にも力を入れ、価格低迷に泣いているリンゴ農家の所得向上を図る。ご当地特産の担当課が、果たして「金の実」をならすかどうか。【塚本弘毅】

「2つのオウンゴールが響いた」 野田財務副大臣が普天間問題で首相の指導力に疑問符(産経新聞)
「2つのオウンゴールが響いた」 野田財務副大臣が普天間問題で首相の指導力に疑問符(産経新聞)
故中内功氏の次男、贈与税2億円脱税の疑い(読売新聞)
鳩山内閣、4日総辞職=平野官房長官(時事通信)
浴衣 「注染」最盛期 職人の手作業で涼しげに…宇都宮(毎日新聞)

米軍の訓練水域の一部返還を決定 日米両政府(産経新聞)

 日米両政府は28日午前に発表した米軍普天間飛行場移設に関する共同声明で、沖縄本島東にある米軍訓練水域の一部返還を決定したと明らかにした。

【関連記事】
福島党首、普天間対応めぐり「党内分裂は考えられない」
日米両政府が共同声明 「辺野古」移設を明記
普天間移設 「将来は県外」で説得へ 社民離脱阻止を優先
橋下知事も「幼稚園児レベルの結論だ」 知事会での普天間協議
自治労、普天間の日米共同声明の撤回要求
虐待が子供に与える「傷」とは?

折れたブレーキレバー 交換ミスが原因 JR西(産経新聞)
【新・関西笑談】サッカーに乾杯(2)元日本代表FW 西澤明訓さん(産経新聞)
<口蹄疫>「かごしま黒豚」20頭が宮崎県境から避難(毎日新聞)
囲碁 史上最年少棋士の藤沢初段黒星デビュー(毎日新聞)
<北海道アイヌ協会>加藤理事長が辞意 「健康上の理由」(毎日新聞)

<口蹄疫>高級ブランド「宮崎牛」希望の6頭 獣医師ら6人で守る(毎日新聞)

 宮崎県で猛威をふるう家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)。懸命の防疫作業が続く一方、関係者は国の特例措置で移動制限区域から避難させた高級牛ブランド「宮崎牛」の種牛6頭の経過観察(20日までの7日間)に注視している。19日現在、変調は見られないといい、6頭の無事は、口蹄疫で疲弊する宮崎県にとっては一筋の光でもある。【古田健治】

 県家畜改良事業団(高鍋町)の福之国(ふくのくに)、勝平正(かつひらまさ)などエース級種牛6頭は13日、荷台を青いシートで覆ったトラック2台に載せられ、県警のパトカーに警護されながら北西に約24キロ離れた西都市内の簡易畜舎に運ばれた。周囲5キロに畜舎はなく、獣医師など6人が牛のそばに寝泊まりしながら健康状態をチェックしている。

 この移動の2日後、事業団で感染疑い牛が確認され、約22万頭の子牛の父となったスーパー種牛「安平」など種牛49頭を含む308頭が殺処分。49頭の多くは次代を担うと期待されていた。生き残った6頭のうち5頭が安平の優良な遺伝子を受け継いでおり、関係者の希望をつなぐ。

 しかし、県などによると、種牛を育てるには通常約7年かかるという。最初の3年で生育状況をみて、種牛としての能力を検定。次の4年で県内農家の優秀な雌牛に人工授精して生まれた子牛の肉質を調べ、遺伝的に評価され、ようやく種牛と認められる。現在は年間1、2頭しか誕生しておらず、単純に49頭を復活させるには25年はかかる計算だ。

 種牛の選抜にかかわっている宮崎大の原田宏副学長(家畜育種学)も「種牛育成は長年、県内で遺伝子を固めてきており、再生のために県外の優秀な血を入れてもばらつきが出てくる恐れもある」とブランド再生の厳しさを認める。ブランド復活への道のりは長く、険しい。

【関連ニュース】
口蹄疫:20万5000頭処分 政府決定
口蹄疫:野党が政府の初動遅れ追及へ
口蹄疫:大阪の高校生民泊受け入れず 北海道・十勝
J1広島:選手会などが口蹄疫義援金
口蹄疫:「全頭処分、仕方ない」 宮崎の農家ら覚悟

裁判員制度施行1年 「職務意識の高さに感動」 大阪で裁判官が意見交換(産経新聞)
法定外福利厚生費は742億円=98独法が9年間で―総務省調べ(時事通信)
郵便局強盗、容疑の男逮捕=「銀行は人多くやめた」―警視庁(時事通信)
<毎日・DAS賞>「金の卵賞」に金沢美術工芸大の水野さん(毎日新聞)
老健開設準備の医療法人社団に破産手続き開始―東京地裁(医療介護CBニュース)

<山田花子さん>結婚を発表 39歳の一般男性と3日に(毎日新聞)

 タレントの山田花子さん(35)が3日に結婚したと、所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーが発表した。相手は「以前から交際していた一般の男性(39)」で「職業などは明らかにできない」としている。山田さんは「やった!! 結婚できて幸せです!」とコメントを出した。

近代化の歩み後世に 宮内庁、古写真デジタル化(産経新聞)
和解協議、応じる方向 B型肝炎訴訟、政府調整(産経新聞)
生きていた鳩山首相に強い味方が登場(産経新聞)
和解協議に応じるかは「決定していない」-B型肝炎訴訟で厚労相(医療介護CBニュース)
支持率低下「普天間も要因」=鳩山首相(時事通信)
プロフィール

まつかわかずひろ

Author:まつかわかずひろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。